トップ / 医師もストレスが溜まる

医師もストレスが溜まる

医師にあるストレス

医師もストレス解消を

医師も人間なのでストレスが溜まります。特に慢性化して睡眠をとっても解消しないレベルになるとやっかいです。イライラした状態は体に悪いですし、心身のバランスを崩して風邪やアトピーなどを引き起こすこともあります。免疫力の低下にもつながるため、ストレスを解消する方法としてたっぷりの睡眠をとること、食生活で我慢しすぎないこと、毎日入浴して疲れを抜くこと、などが医師にとっても大切となってきます。毎日の生活改善によって心身のバランスを整えることは、健康寿命を延ばすためにも大切なことです。

医師とストレスの関係について

ストレスは万病の元であり、事故の原因にもなるテーマです。しかしながら適度に存在していることが刺激となり良い結果につながる場合もあります。過剰な負担は体にとって毒になりますが、適度な負担は心身にとってプラスとなる場合も少なくありません。このようなテーマを研究する医師も近年では増加しています。全ての人が健康で文化的に生活をすることができるようにするためにはストレスといかに上手に付き合っていくかということが大切になってくることが医師の研究によってわかってきています。

↑PAGE TOP