トップ / 医師のパートについて

医師のパートについて

医師の人材不足問題

医師のパートが増えている実態

医療現場において、医師の存在は欠かせません。また今後高齢社会になるにつれて医療の需要も高まり、それに合わせて人材数も増やす必要があります。しかし現状では人材不足が認められています。その要因として、資格を得て仕事に就くまでの過程が過酷なため、たどり着けない方が多いからです。しかし各施設や建物には医師の所属が欠かせません。それを解決するために近年、パートとして雇うことで複数の施設・建物に所属している状態を保っています。そのためパート形態での勤務医が増えています。

医師もパートタイム勤務が可能

「医師のパート勤務」と聞くと違和感があるかもしれませんが、人手不足の病院や人件費を抑えたい介護施設等ではよく利用される勤務形態でもあります。中にはご本人が別のことに打ち込むための時間と費用を作るための手段として、または子育て中や体調不良のためにそのような勤務形態を自ら選んでいる、という場合もあります。ご自分の時間を上手に管理したい医師の方へ、パートタイム勤務という概念での職場勤務は如何でしょうか。

↑PAGE TOP