トップ / 医師が抱えるストレス

医師が抱えるストレス

医師の働く環境問題

医師がうつを悪化させない方法

医師は働く環境によりますが、勤め先によっては大変なストレスに晒されていたり、解消する時間を取る事が難しくなっています。ストレスは体調に変化を与えるだけではなく、精神的な負担が思考に影響するので、心の病の代表であるうつになる場合があります。医師は治療を行う側ですが、時に自身が患者になる場合もあるので、日頃から自らを客観視する必要があります。仕事が忙しい時は、一つの事に意識が捕らわれてしまうので、自らの体を気にかける余裕がなくなります。油断がうつを引き起こしたり、深刻な症状の進行に気が付かない結果に陥る場合があります。体調変化の初期であれば、体の不調や考え方の変化に気が付けるので、治療を早く始める切っ掛けになります。一方で症状が進行した状況は、体が無理な状態で仕事環境に馴染んでいるので、僅かな体調変化では気が付く事が出来ません。家族や職場仲間から顔色の変化を指摘されたり、他人から性格が変わったと言われた時は、体が治療を求めているうつのサインとして見逃さない事が大切です。

うつ病について考える

日々の激務で心身を疲弊させうつ病を患ってしまう医師は少なくないです。患者のケアを優先しがちになってしまうため症状がかなり悪化し、周囲の人間がストップさせるまで業務を行うケースが多いのです。そのため、うつ病の治療に多くの時間を費やす事になります。医師も他の人と同じようにストレスとうまく付き合う事が重要です。それとうまく付き合う事が出来れば心身の健康を保つ事が出来るためそのような病気になる確率が低下します。うつ病になっても頑張りすぎてしまう人が多いです。自分で体調をコントロール出来ない場合が多いので周囲の人間のサポートや早期の治療がとても重要になります。少しでも異変を感じた時は無理をせず、専門の医療機関を受診し、適切なケアを受ける事が最も大事です。それが早めに出来れば回復や社会復帰も早めに出来ます。この病気になった時は自分の健康を最優先に考え、とにかく休む事です。無理をすれば患者のケアに悪影響を及ぼす危険性があります。

↑PAGE TOP