トップ / 客観的な医師の地位とは

客観的な医師の地位とは

医師の地位を知る

医師の地位を確認する方法

医師の地位を客観的に把握したい場合には、一般の人に聞いてみるのが手っ取り早いでしょう。とはいってもなかなか本音で語ってくれる人に巡り会えるとも限りません。そういう場合にはインターネットで口コミを調べてみる、という方法があります。面と向かって本人に直接いうのと、匿名で話すのとでは本音のいいにくさにも差が出てきます。相手の顔が見えないことはネガティブに受け取られがちですが、本音を垣間見られるというよい面も持ちあわせているのです。ですから、インターネットで情報収集をして、医師の地位が世間一般ではどのように見られているのかを把握するいいチャンスでもあるのです。もちろんリサーチ方法によっても差は出てくるものなので、あくまでも中立的な観点から判断する必要があります。なかんか中立的に判断することが難しい場合には、よい意見、悪い意見を半分ずつ比較、検討をするのが手っ取り早いでしょう。そして、その結果から判断するのは最終的にあなたなのです。

地位についてのいろいろ

いろいろな職種の中で地位の高いのが、医師や弁護士などです。これらは高給取り、知的などといったイメージがありますので、ひじょうに良い印象を与えます。またこれらの職種になるためにはそれなりの猛勉強をして国家試験に合格しなければなりませんので、誰でも簡単になることはできません。国家試験でも難しい部類に入りますので、合格するにはそれなりの覚悟が必要です。また医師にはいろいろな専門分野がたくさんありますので、まずは自分の考え方や技術面を考慮して専門を生かすことができるようにしましょう。最近では「総合診療」と呼ばれる、いわゆるオールマイティーつまりなんでも診ることのできる人材を育てる科があります。このような分野は僻地で生かすこのできる分野でもあります。地位が高いですので、患者さんから信頼される職種として尽くしていかなければなりません。そのためには人の痛みがわかる人であるべきです。そうすることで患者さんの立場に立った考えをすることができます。

↑PAGE TOP