トップ / 医師の資格について学ぶ

医師の資格について学ぶ

医師を目指す人の知識

医師になるには国家資格が必要

医師になりたいという目標を持つ人は少なくありません。大学では医学部を選択し、研修や実習を行いながら、その道を目指します。そして一番目標になるのは国家資格を取得することですね。この資格がなくは医療行為を行うことはできませんし、医師として働くこともできません。すべての基本になる、そして自分の立場を保障される大切な免許になるので、その取得をすることが多くの人にとって、第一の目標になります。またそのために予備校もあるほど重要なのです。

医師になった後の専門資格

医師は研修を終了後に取る専門医資格というものがあります。専門医によって異なりますが、希望の科・学会に登録して3~5年以上してから様々な基準を満たしている人のみ試験を受けて専門医となります。したがって各種専門資格を持つ医師は専門性・技術性に優れ、研修医を指導することができるとされます。患者としてかかるのであれば専門医を多く保持する医療施設は高い水準の医療技術が受けられる、研修医であればより良い指導を受けることができると考えてよいでしょう。最近は一つの科の中で何種類も専門医が設けられています。

↑PAGE TOP