トップ / 麻酔科の主な仕事内容

麻酔科の主な仕事内容

麻酔科ができること

病院によっては麻酔科がある

麻酔科は、手術、外傷、感染、痛みなどに関わるストレスから患者を守ることを専門としている診療科で、病院によって設けられている科です。主な仕事は、手術を受ける患者が安全に手術が受けられるように手術時の麻酔をしたり、ペインクリニックでの慢性的な痛みや手術後の痛みなどの治療、集中治療室での重症患者の全身の管理や救急医療、緩和医療などを行ないます。外来や入院中の患者の様々な痛みやストレスを軽減するために麻酔科が対応します。

麻酔科は麻酔だけが仕事じゃない

麻酔科と聞くと手術を受ける時、眠ったままで痛みなく、意識を失っている間に悪い所を治して貰える所だという連想をする人が多いです。もちろんそういった仕事もしますが患者にとっても最も合った麻酔薬や方法を選択し、施術より前に診察して、その診察の上で検査が必要と判断すれば検査を追加したりします。また、集中治療や緩和医療でも麻酔科が活躍しています。手術中には心臓の動きや血流をコントロールし、呼吸の為の酸素を充分に送り込み、手術の後には患者の疼痛を緩和します。

↑PAGE TOP